「なかなかよいぞ」が見つかるニュースサイト

毎日ポスト

腕を骨折しやすいのは○○!どうしてリハビリが必要なの?

      2015/06/25

腕を骨折しやすいのは○○!どうしてリハビリが必要なの?

腕を骨折しやすいのは○○なんですね!

骨折する理由は違えど確かに納得・・・。

リハビリの必要性、始める期間などをご紹介!

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

fb58584fa57790cf734f07948ed1f719_s
結婚式に呼ぶ友達が少ないときはこうしよう!!

結婚式にそもそも呼ぶ友達が少ない、また予定が合わず結果来てく...

1484c67acb674197be27d73f13de725c_s
旅行予約はどのくらい前から可能?予約のポイント!

旅行予約をする場合、どのくらい前からできるのか気になるところ...

815085d693750a653fe10f8a7b3d3b8d_s
車のドア開閉音の違いやヒンジの異音対策、チューニング法も紹介

ドアの開閉音はなぜ車によって違うのか? 実際に車に乗り込む...

b2111dedc92f60b2b972049a586f6af8_s
一人暮らしで実家近くに住むメリットについて

実家の近くで一人暮らしをするメリットは? もし病気やケガな...

c8340a0f5585dace8e097a57b00456ed_s
ネット上に写真を勝手に公開することは肖像権侵害になります!

ネット上に写真や画像を勝手にあげる人はこんな人が多いの? ...

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s
メールの送信に名前や住所などの著名を入れる方法!

Windowsメールに名前や住所などの署名を入れることができ...

3909efccbf078e3457b8de352200a5f3_s
胃腸風邪の薬は病院で処方された薬の方が安心できます!

胃腸風邪は市販薬よりも病院で処方してもらった方が良い? 胃...

18326c565c7610fcc49373c9d189b107_s
自分で駐車場をコンクリートにできる?作り方を見ても難しいかも

駐車場をコンクリートにする場合は業者に依頼するのがほとんどだ...

17270811cf54cf398450a06725bd61da_s
イカ刺身は切り方で硬さが違う!?切り方のポイント!

日本人が大好きなイカのお刺身。イカの切り方によって食べたとき...

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s
初心者必見!新しいパソコンの設定ポイント

新しいパソコンを購入した場合、色々設定しなければなりません。...

0851d07ca105541de11523aab327d572_s
【彼女との初旅行】夜の過ごし方のポイントはコレ!

大好きな彼女と初旅行・・・彼氏にとっては願ってもないチャンス...

df3d26f93b5678f75f66a432a5e286ff_s
源泉徴収票の作成を手書きするときとは?ポイントを解説!

源泉徴収票には手書きと印刷されたものの2つがあります。 ...

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s
手指の付け根の痛みは軟骨の消耗によって起こる変形性手関節症

手指の付け根の痛みは軟骨の磨耗よって起こる変形性手関節症の可...

26dd8d874b6afe9cc3fde7bbcdf51a8f_s
スマホの分割購入ができない原因を対策について

スマホの分割審査に通らなく契約できない原因は? 今現在契約...

cd09d7820c2d4abdca047e5206cf9202_s
カラオケを家で存分にできる防音マイクについて解説します

一人で家でもカラオケができる!防音マイクについて 最大のメ...

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s
車の名義について離婚後の夫婦トラブルについてまとめてみました

夫婦が離婚した場合は、車の名義はどのようにするのか 財産分...

bb6860466a4cf06e9a19eeace7b03000_s
履歴書に貼る証明写真の裏には名前を記入しておきましょう!

履歴書の写真の裏に名前を書くべきもの? 写真の裏を空白にす...

686777313f0ba51af36ca3e94edb9bfa_s
部屋への虫対策に網戸の張り替えや網戸用虫除けについての紹介!

網戸の開き方のルールがあった?これで部屋に虫が入ってくるのを...

715e4fd42814bd4b461d94527b9fd4bc_s
大学生活で女友達を作るためのポイントを紹介します!

大学で女友達を作るには、まず身だしなみを整える事!女友達がで...

9d0b3f41036bd276a0afd460b5c4e643_s
中学校での友達の作り方の基本は挨拶から!そのポイントを紹介

中学での友達の作り方で、一番大切なことは、自分のことよりも周...

スポンサーリンク


高齢者に多い腕の骨折!

転倒や転落などにより発生する高齢者の骨折の多くは、身体の様々な部位で発生しますが、中でも脊椎骨折や大腿部頚部骨折に次いで多いのが橈骨遠位部骨折(前腕骨折)と上腕骨近位部骨折(腕の骨折)です。

転倒などにより、腕の骨幹部が折れるほどの強い力がかかると、骨以外の組織も損傷してしまう可能性が高く、骨折の程度としてはかなり重症になるケースが多いようです。

腕の骨折の症状

1. 骨折部位の疼痛(激痛)

2. 出血または内出血

3. 腫脹

4. 運動機能障害

5. 出血や疼痛によるショック症状
 
皮膚が破れて出血することもあり、そのキズが骨折部につながっていれば開放骨折と呼ばれる状態となります。
その場合、骨折部に体外の細菌が進入する恐れがあるので、治療がより一層難しくなります。
また血管や神経が損傷することで血流が低下したり麻痺が生じることがあります。
いずれにしても早急な外科的手術や整復術を行わなければなりません。

引用元-高齢者に多い腕の骨折!早急な外科的手術や整復術が必要です![カラダノート] 症状や対処法・予防や治療の方法など20000件以上

腕を骨折しやすいのはこども!

骨折というと、骨が「ポキン」と折れる印象があります。確かに激しい衝撃が加わればだれでも「ポキン」と折れてしまいますが、子どもの骨折というのは、大人と少し違う性質があるのです。

 それは、子どもの骨は成長過程にあり、まだ軟らかいということ。「折れる」という感覚ではなく、不完全な損傷になることがあるのです。中でも多いのが、骨膜という膜の内側で筋状にひびが入る「線状骨折」。折れたという感じではないので、見逃してしまうこともあるのです。

 ですから、高所から落ちたり、何かに激しくぶつかったりしたときには、ねんざとともに、こうした骨折のことも念頭に入れたほうがよいでしょう。

・子どもに多い骨折の部位

 転んだりして手をつくことが多いので、上腕の骨折が多いようです。

・骨折のときの症状

 小さい子どもは、自分の状態を上手に伝えることができません。ですから、おとながようすを見て判断してあげるしかないのです。

<骨折を疑ったほうがよいのは>

 •痛がって激しく泣く

 •皮膚の一部がひどくはれる

 •皮膚の一部に内出血が見られる

 •腕や足に力が入らない

 •腕や足の向きがおかしい

 このような場合です。

 赤ちゃんの場合は、抱き上げたり寝かしつけたりしたときに、不自然な姿勢になったり、ある方向を向けるときだけ泣いたり、体の一部を動かそうとしない、というようなとき、骨折しているおそれがあります。

引用元-白クマ先生の子ども診療所|日本医師会

骨折のリハビリテーション

骨折の治療では、整復、固定とともにリハビリテーションが大きな柱となります。
固定中は筋肉の運動量が極端に減るため、固定を外すころにはだいぶ筋肉の重量が減り、細くなっています(筋肉の委縮)。また、関節も固定していた場合は、固まって動きが悪くなっています(関節の拘縮)。
そこで、筋肉を増やしその機能を回復させるリハビリや、関節の動きをよくするリハビリを早い段階から行う必要があるのです。
リハビリが遅れると、筋肉の萎縮や関節の拘縮が残り、機能が十分に回復しないままになってしまうことがあるので、医師、看護師、理学療法士の指導に従って積極的にリハビリを行いましょう。
高齢者の場合は特に早期からのリハビリが重要です。

引用元-骨折のリハビリテーション – “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」

腕や脚の骨折では、ベッドの上にいるときから動かせる範囲で指などの運動を行います。
手指のグーパー運動、足首の曲げ伸ばしなどが代表的な運動です。
骨折した部位の周辺は、療養中の過ごし方でも触れたとおり、炎症による腫れと、固定して動かせないためにむくみやすいのですが、手や足の指を動かすだけでも腕全体、脚全体の血行がよくなってむくみの改善につながります。
このほかにもベッドの上で行える運動はいろいろあります。
医師、看護師、理学療法士の指導を受けて正しいリハビリを行いましょう。

引用元-骨折のリハビリテーション – “骨折”を知るホームページ「骨折ネット」

骨折治療中のリハビリ方法とは?

骨折治療中のリハビリ方法というと、骨が折れている治療中にリハビリなんて始めてもいいの?、と疑問に思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、答えは、YESです。

但し、骨折治療中のリハビリというのは、もちろん、なにも折れている患部自体を動かすことではありません。

そうではなく、治療中に固定されていて動かせない患部の、周辺の筋肉や関節を動かすためにリハビリをするのです。

それでは、なぜ治療中にもかかわらず、わざわざ患部の周辺の筋肉や関節を動かす必要があるのでしょうか。

それは、さきほどご説明したとおり、骨折治療をしていて患部を固定したままとしていると、周辺の筋肉が衰えたり、関節が硬直してしまうからです。

治療中であっても、リハビリをして直接患部ではない部分は動かしておくことで、そのような筋肉の衰えや関節の硬直を防ぐことができるのです。

また、骨折をした際には、大抵その周辺の組織もダメージを受けているため、患部が腫れ上がって血行が悪くなっていることが多いです。

治療中のリハビリによって、周辺の筋肉や関節を動かすことで、血行が促進されて、この腫れを回復させる効果も期待できます。

それでは、具体的なリハビリ方法はどのようにすればよいのでしょうか。

骨折した部位によって異なるため、それぞれご説明します。

腕を骨折した場合は、腕全体が固定されてるため、手首を回したり、手をグーパーする動作のリハビリが患部に負担もなくよいでしょう。

肩を骨折された方は、肘の曲げ伸ばしと、首を時計回りと反時計回りに交互に回す動きのリハビリをしましょう。

足を骨折した際には、足首を回したり、足の指を曲げ伸ばしする運動のリハビリがよいです。

このように、固定されている部分以外を、治療中に無理のない範囲で動かすことで、治療後のリハビリによる回復を早めることができるのです。

引用元-骨折のリハビリ方法:リハビリの手引き

骨折の状態によってリハビリ開始期間は違う

当院ではギブス固定中からリハビリを行っていますが、他の施設によっては固定期間中は絶対に安静という所もあります。骨折の状態や全身状態によっては当然、早期からのリハビリは行えない場合もありますので、どれが正しいとは一概にはいえません。

ただ当院が固定期間中から早期リハビリを行う理由は、早期リハビリを行うことで患者様の治療期間の短縮や、有限である医療保険の縮小につながると考えているからです。

特に怪我をされた患者様の治癒を考えた時、リハビリの開始時期が遅くなれば遅くなるほど、関節を構成している組織がもとの状態には戻りづらくなりますし、またそれを戻そうとする場合、早期リハビリを行った時とは比較にならないほど大きな力を、関節に負担させてリハビリを行うことになります。こうなるとリハビリを受ける患者様自身に膨大なエネルギーが求められることになります。

様々な長所・短所を配慮したうえで、当院では可能な限り、加速的リハビリテーションを実施しております。

引用元-腰痛の生活ポイント、自宅で出来る対策法など紹介中



twitterの反応


https://twitter.com/momocyoko_0111/status/604270481701609472

スポンサーリンク


 - 健康

ページ
上部へ