「なかなかよいぞ」が見つかるニュースサイト

毎日ポスト

こんな日本の風習知っていますか?田舎に伝わる様々な風習

      2015/05/31

こんな日本の風習知っていますか?田舎に伝わる様々な風習

かつての日本の田舎には、様々な風習がありました。

今では考えられないようなものも・・・。

そんな、日本の田舎の風習をご紹介します。

スポンサーリンク


  こんな記事もよく読まれています

fb58584fa57790cf734f07948ed1f719_s
結婚式に呼ぶ友達が少ないときはこうしよう!!

結婚式にそもそも呼ぶ友達が少ない、また予定が合わず結果来てく...

1484c67acb674197be27d73f13de725c_s
旅行予約はどのくらい前から可能?予約のポイント!

旅行予約をする場合、どのくらい前からできるのか気になるところ...

815085d693750a653fe10f8a7b3d3b8d_s
車のドア開閉音の違いやヒンジの異音対策、チューニング法も紹介

ドアの開閉音はなぜ車によって違うのか? 実際に車に乗り込む...

b2111dedc92f60b2b972049a586f6af8_s
一人暮らしで実家近くに住むメリットについて

実家の近くで一人暮らしをするメリットは? もし病気やケガな...

c8340a0f5585dace8e097a57b00456ed_s
ネット上に写真を勝手に公開することは肖像権侵害になります!

ネット上に写真や画像を勝手にあげる人はこんな人が多いの? ...

0f2890d83857f2d3e50d317c4ef807c2_s
メールの送信に名前や住所などの著名を入れる方法!

Windowsメールに名前や住所などの署名を入れることができ...

3909efccbf078e3457b8de352200a5f3_s
胃腸風邪の薬は病院で処方された薬の方が安心できます!

胃腸風邪は市販薬よりも病院で処方してもらった方が良い? 胃...

18326c565c7610fcc49373c9d189b107_s
自分で駐車場をコンクリートにできる?作り方を見ても難しいかも

駐車場をコンクリートにする場合は業者に依頼するのがほとんどだ...

17270811cf54cf398450a06725bd61da_s
イカ刺身は切り方で硬さが違う!?切り方のポイント!

日本人が大好きなイカのお刺身。イカの切り方によって食べたとき...

1f6279529c9f7dc6f07d221a39eb8375_s
初心者必見!新しいパソコンの設定ポイント

新しいパソコンを購入した場合、色々設定しなければなりません。...

0851d07ca105541de11523aab327d572_s
【彼女との初旅行】夜の過ごし方のポイントはコレ!

大好きな彼女と初旅行・・・彼氏にとっては願ってもないチャンス...

df3d26f93b5678f75f66a432a5e286ff_s
源泉徴収票の作成を手書きするときとは?ポイントを解説!

源泉徴収票には手書きと印刷されたものの2つがあります。 ...

02f40cb531478466395b35fa3cf59dfb_s
手指の付け根の痛みは軟骨の消耗によって起こる変形性手関節症

手指の付け根の痛みは軟骨の磨耗よって起こる変形性手関節症の可...

26dd8d874b6afe9cc3fde7bbcdf51a8f_s
スマホの分割購入ができない原因を対策について

スマホの分割審査に通らなく契約できない原因は? 今現在契約...

cd09d7820c2d4abdca047e5206cf9202_s
カラオケを家で存分にできる防音マイクについて解説します

一人で家でもカラオケができる!防音マイクについて 最大のメ...

2bdbd18feac7a37be0fa2096c511e577_s
車の名義について離婚後の夫婦トラブルについてまとめてみました

夫婦が離婚した場合は、車の名義はどのようにするのか 財産分...

bb6860466a4cf06e9a19eeace7b03000_s
履歴書に貼る証明写真の裏には名前を記入しておきましょう!

履歴書の写真の裏に名前を書くべきもの? 写真の裏を空白にす...

686777313f0ba51af36ca3e94edb9bfa_s
部屋への虫対策に網戸の張り替えや網戸用虫除けについての紹介!

網戸の開き方のルールがあった?これで部屋に虫が入ってくるのを...

715e4fd42814bd4b461d94527b9fd4bc_s
大学生活で女友達を作るためのポイントを紹介します!

大学で女友達を作るには、まず身だしなみを整える事!女友達がで...

9d0b3f41036bd276a0afd460b5c4e643_s
中学校での友達の作り方の基本は挨拶から!そのポイントを紹介

中学での友達の作り方で、一番大切なことは、自分のことよりも周...

スポンサーリンク


恐ろしい日本の田舎の風習、某集落の奇習「おじろく・おばさ」

長男以外の人間は、結婚もできず、世間との交流すら許されず、死ぬまで家のために奴隷のごとく働かされる……。いったい、いつの時代の、どこの国の話だと思われるかもしれない。しかしこれは、日本に20世紀まで実在した「おじろく・おばさ」という風習なのである。 国土の7割が山である日本。山林によって隔絶された村では、独自の文化が発生する場合が多い。昔の長野県神原村(現・下伊那郡天龍村神原)もその一つだ。 耕地面積が少ないこの村では、家長となる長男より下の子供を養う余裕がない。そのため、家に残った下の子供は「おじろく(男)・おばさ(女)」と呼ばれ、長男のために死ぬまで無償で働かされた。 家庭内での地位は家主の妻子よりも下で、自分の甥っ子や姪っ子からも下男として扱われる。戸籍には「厄介」とだけ記され、他家に嫁ぐか婿養子に出ない限り結婚も禁じられた。村祭りにも参加できず、他の村人と交際することも無かったため、そのほとんどが一生童貞・処女のままだったと推測される。将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。 そんな奴隷的な状況が、ある種の精神障害をもたらすのだろう。おじろく・おばさは無感動のロボットのような人格となり、言いつけられたこと以外の行動は出来なくなってしまう。いつも無表情で、他人が話しかけても挨拶すら出来ない。将来の夢どころか趣味すらも持たず、ただただ家の仕事をして一生を終えるのである。 16〜17世紀頃から始まったとされる「おじろく・おばさ」制度だが、もちろん現在の神原では、このような制度は存在しない。ただ明治5年でも190人、昭和40年代に入っても3人のおじろく・おばさが生きていたというから驚きだ。 この辺りの状況を報告しているのが、『精神医学』1964年6月号に掲載された近藤廉治のレポートである。近藤は現存していた男2人、女1人のおじろく・おばさを取材し、彼らの精神状態を診断している。普段の彼らにいくら話しかけても無視されるため、催眠鎮静剤であるアミタールを投与して面接を行ったそうだ。すると固く無表情だった顔が徐々に柔らかくなり、ぽつりぽつりと質問に答えるようになったという。以下、その答えを抜粋してみよう。「他家へ行くのは嫌いであった。親しくもならなかった。話も別にしなかった。面白いこと、楽しい思い出もなかった」「人に会うのは嫌だ、話しかけられるのも嫌だ、私はばかだから」「自分の家が一番よい、よそへ行っても何もできない、働いてばかりいてばからしいとは思わないし不平もない」(『精神医学』1964年6月号・近藤廉治「未分化社会のアウトサイダー」) なにごとにも無関心で感情が鈍く、自発性が無くなった様子がうかがえる。
引用元-TOKYO BREAKING NEWS

日本の田舎の結婚風習

明治の初頭まで日本中にいろいろな結婚風習が在ったそうです。以下の情報は主に柳田國男から得ました。昔の村には若者衆とか娘組という教育機関が在って、男の子も女の子も十一二歳ごろになるとそれに入ったそうです。彼等は自分たちの小屋や集会場を持っていました。そして、そこに若者衆だけ、あるいは娘組だけが寝泊まりして共同生活を送る。そこで大人になるためのいろいろな教育を受けたそうです。勿論性教育も重要でしたが、その村固有の風習や掟など、もっと真面目な教育も一杯受けました。更に、冠婚葬祭の口上などを練習させられたそうです。どんな田舎の村でも十五歳にもなってそれらの口上を言えないと、皆に馬鹿にされたそうです。ところで、貴方はそれらの口上を立派に言えますか?どういうわけか、社会で一人前に暮らして行くために必要なそんな教育が、現在ではいつの間にか無くなってしまったようですね。この若者衆と娘組は時々合同ハイキングをやったそうです。そうこうするうちに、どの子とどの子が一緒になりたい、なんてのが判って来る。そうすると、若者衆や娘組の年長者が親達に掛け合って、その若い者を一緒にさせてあげる協力をしたりしたそうです。ところが、親が了解しないこともある。そんなときには、ある地方では若者衆が協力して、さらにその娘と前もって打ち合わせをしておいて、その娘をさらいにきたそうです。だまって駆け落ちしてしまうと問題があるらしく、だから、さらいに来ましたと大声で宣言してさらって行ったそうです。勿論、さらわれたんじゃ親がかなわない。だから、さらわれた娘を親兄弟たちが追いかけて、連れ戻してしまうことも在る。そこで、若者衆は前もって娘の合意の下でさらっておいて、若者衆のなかで特に足の速いのがその娘の家に行って玄関先で大声で娘をさらいましたと怒鳴ってから、一目散で逃げ出したなんてこともあったそうです。間違ってでもそいつが掴まってしまったら、今度は娘と引き換えにその男を捉まえておいて、家に返さなかったそうです。もっと面白いのは、さらわれたときには親が娘に持参金を持たせる必要がない。そこで、持参金の払えない貧しい家の場合、若者衆の年長者が婿さんに代わって娘の結婚の交渉に来たときに、「娘はやれない、だけどさらわれちゃったんじゃあ仕様がない」と暗に娘をさらってくれとのヒントを与えることも在ったそうです。
引用元-OKWave

こんな田舎の風習も〜誘拐婚

その昔、女性をさらって来て強引に結婚させるという婚姻形態が日本各地に見られ、”嫁盗み”や”嫁担ぎ”と呼んでいたという記録を、日本の近代民俗学の父・柳田國男も残しています。それもそう遠い昔のことではなく、近現代まで実際に行なわれていたのです。 例えば、足尾鉱毒事件を明治天皇に直訴した義民として称えられている田中正造も、妻のカツとは”嫁盗み”で結ばれたと伝わっています。カツは裁縫の習い事から帰る途中、待ち伏せしていた正造の背負い籠に入れられて、正造宅に連れて来られてしまったのです。当然、カツの生家では大騒ぎになり、娘を取り戻しにやって来ましたが、正造は風呂桶にカツを隠し、帰さなかったのだとか(随想舎刊『田中正造物語』より)。 とはいえ以前から2人は顔見知り。カツも正造を好きだったので実家には帰らずに嫁として居続けたとも言われ、”ほほえましいエピソード”扱いされている挿話です。ただ、このとき正造は23歳、カツは15歳。現代で言えばカツは中高生の年齢です。時代背景が違うとはいえ、ちょっと考えられない話です。 本書『男が女を盗む話―紫の上は「幸せ」だったのか』では、日本の代表的な物語文学『源氏物語』や『伊勢物語』において、これまで姫君を盗む男側からロマンチックに描かれがちだった”嫁盗み”について、盗まれた女性側の目線で捉え直しています。著者の立石和弘さんは、”第二章『大和物語』の嫁盗み”の章で「人は過酷な環境の中で、生きるために、自身を暴力によっておとしめた相手にさえ愛情を抱くことがある。そうした残酷をこの物語は描いている」としています。 盗み出された姫君にしてみれば、その後の人生を生き抜くためには、精神的にも経済的にも、自分を拉致してきた男の庇護を仰ぐ以外の道はありませんでした。暴力的な手段で社会から切り離されてしまった以上、それからは男の愛情を頼りに生きて行くほかなかったのです。
引用元-ライブドアニュース

日本だけではなかった!中国に残る冥婚の風習

冥婚(めいこん)は、生者と死者に分かれた異性同士が行う結婚のこと。陰婚(いんこん)、鬼婚(きこん)、幽婚(ゆうこん)、死後婚(しごこん)、死後結婚(しごけっこん)などとも呼ばれる。英語(事実上の国際通用語)では ghost marriage、あるいは、spirit marriage と言う。一つには、神話・伝説等の物語の上で、そのような境遇の男女が行うものを言い、いま一つには、結婚と死生観に関わる習俗の一つとして現実に存在するものを指して言う。
引用元-ウィキペディア

その性格上、最も過激な形としては、結婚相手は命を奪われ、夫婦として共に埋葬される。しかし、そのような辛辣なものばかりがこの風習の全てではない。同時期に亡くなった未婚女性と結婚させて共に葬る場合もあれば、人間の女性に見立てた花嫁人形を遺体と共に柩(ひつぎ)に納める場合もある。また、そのような花嫁人形のほかに故人の結婚式を描いた絵を奉納するものもあり、他にも、既婚・未婚のいかんを問わず生きている異性と結婚させ、その相手方に形見の品(位牌など)を供養させるものなど、時代や地域によって形態はさまざまである。
引用元-ウィキペディア

冥婚制度は1949年に法律で禁止されたが、一部の地方ではまだ行われている。最近では好景気に湧く中国で、また冥婚復活の兆しがあるという。 実際、冥婚はどのように行われるのだろうか。 生者の結婚式と同じように、両家の家族が一堂に会して飲み食いしたり、新郎の家族が新婦の家に贈り物(たいていは金銭)を贈ったり、その後も親戚同士がつきあう点は似ている。 しかし、冥婚の場合は、亡くなった者の遺体を掘り起こして、新たにめあわせた相手と一緒に再び埋葬する。ふたりは墓地で晴れて夫婦として宣言される。 遺族は死んだ者にめあわせる相手を探すのに仲人を雇うことが多いが、ちょうどいい遺体を見つけるのがなかなか難しいため、闇市場で手配する場合も少なくない。つまり、墓泥棒が遺体を盗んできて、遺族に売るのだ。その金額は1体4000ドルにもなるという。
引用元-カラパイア

外国にもあった!誘拐婚

そもそも誘拐婚って何?

中国とカザフスタンの間にあるキルギス共和国、通称キルギスタン。この国では誘拐して結婚するという婚姻方式「アラ・カチュ-」が現在も伝統的に行われています。 アラ・カチューはキルギス語で「ひったくって逃げる」という意味に由来しています。まず男性は街を歩く女性を白昼堂々誘拐します。 そして男性の実家に連れていき処女を喪失させ、一族全員で女性を説得し結婚させます。キルギス人の大半がイスラム教ですが、 イスラム教は婚前まで処女でなければ女性の価値が下がるため、 誘拐された後にたとえ結婚を断ることができても生涯独身でいなければならないのです。そのため、誘拐されると女性の家族も結婚を説得するという、 なんとも理解しがたい伝統がこのキルギス国では昔から当たり前のように続いています。

なぜ誘拐婚が行われるのか?

この国では普通に結婚する場合、男性側の家はとてもお金が掛かります。キルギスの平均年収は2000ドル強ですが、結婚には800ドルと牛一頭が必要とされ、 貧しい家庭の男性はまず結婚することができません。そしてキルギスでは女性の価値がものすごく低いのです。なんと、女性を誘拐した場合と羊を窃盗した場合の懲役刑の年数が同じです。女性の存在と羊と命が同価値、、、というのは驚愕ですよね。ですからいかにコストをかけずに労働力として女性を妻にするか、ということからこの誘拐婚は広まっていきました。そしてあまりにも誘拐婚が普及してしまったのでソ連時代に禁じられることになりましたが、 キルギスがソ連から解放され独立すると誘拐婚は急速に広まります。元々は地方の農村部での風習だったのが、現在では都市でも増加している有様です。2011年には誘拐婚を減らすために女性の婚姻年齢を引き上げる法律ができましたが、 それでも誘拐婚は今後増え続けると言われています。結婚時に年収に見合った金額があれば結婚できたり、 男女のそれぞれの家庭でお金を出し合うような制度にすればよいのでは?と思ってしまうのですが、、、。
引用元-トレンドHELP.com



twitterの反応

スポンサーリンク


 - 雑学

ページ
上部へ